Welcome to our site

Guyatone及びDeMont Guitarsのユーザー情報やアーティストの皆さんの活動情報をお伝えいたします。

About us

Mr. Nathaniel DeMont氏のGuyatone製品の企画、開発及び製造を担って居ります。
      本社は岐阜県中津川市!

Special offer

販売代理店様や販売店様からのお得なキャンペーン情報はここから!

Recent Situation & Works

WR6

WR2、SWR2、WR3とロックの歴史を支えたモデルのサウンドを継承。
WR6ではブレンド機能とエフェクトフィルターの切り替え機能を追加しより多くの楽器とのマッチングを考慮した製品に仕上げました。

※通販(日本円対応)にて購入可能になりました!

ZoomBOX

アイルランド出身でグラミー賞最多受賞バンドのギタリスト使用で知られるオリジナルモデルですが、今回リメイクに留まらずデジタルエフェクツ痩せしたギターサウンドを圧倒的な分厚い存在に戻すポストドライブ回路を追加。アクティブバイパスで音痩せも皆無。

DeMont 3PDT

企画時からフットスイッチとして設計されたDeMontオリジナル3PDT(3回路)は圧倒的な耐久性とスムーズな操作感です。更に音質面では他部品と一線を画す存在です。作業性の良いソルダーポットタイプ端子も特徴のひとつです。

'60s Gold Logo

60年代のGuyatoneギターに使われていたゴロを完全復刻。
ロゴを紛失したグヤトーンヴィンテージギターに是非ご使用ください。
(素材:アルミプレート)
 ご注意:ご使用はオリジナルギターに限らせていただきます!


'70s Black Logo

主に70年代のGuyatoneギターに使用されていたヘッドロゴプレートを完全に復活させました。
両面テープで貼り付けるだけで手軽に完全オリジナル仕様に戻せます。 (素材:アルミプレート)
ご注意:ご使用はオリジナルギターに限らせていただきます!

DMC
P-Ups

 
 PAF伝説に一石を投じるオリジナルP.U.。
巻き線回数や直流抵抗値の逸話に囚われることなく“使える音”を探求した結果がこのP.U.です。着磁方法、残留応力管理やアニーリング技術を自在にコントロール。巻き線機にはトルクの安定したパルスモーターを用いています。聞き飽きたウンチク情報で模倣されたP.U.からあなたを解放してくれる筈です。
(ご注意:組み合される可変抵抗器やキャパシターの性能で得られるサウンドは変化します)

    The Sound Evangelists
          Nathaniel DeMont

 Working with Guyatone in the US since 2013, DeMont Guitars is glad to
 announce
the resurgence of the Guyatone brand in Japan!

 Nate DeMont, of DeMont Guitars and Toshihiko Torii, legendary engineer,
 are committed to
making quality products with both vintage and modern feel
 in the US as well as Japan.


                 Yasuhisa Soga (曾我 泰久)

 
 僕がいまメインで使わせてもらっているギターはまさに幻のグヤトーンのギター。
 数年前、これからグヤトーンが動き出すという時にプロトタイプとして誕生した
 ギター。 鳥居さんがお披露目として楽屋に持って来てもらった時に一目惚れして、
 無理を言って連れて帰って来てしまい、今に至ってます。

  今はまだ使っている方が少ないので、どのライヴハウスでも必ずと言っていいほど
 スタッフの方々がギターに集まって来てはギター談義に花を咲かしてます。

  音の立ち上がりが良く、ど
んなに爆音の中でもはっきりと輪郭の見えるサウンドは
 僕の武器でもあります。 これからグヤトーンのギターがたくさん方々に使われる事を
 心から楽しみにしています。
  Hiroki Kiribayashi  (きりばやしひろき)
    
 (Qactusの考案者,楽器演奏者人口を増やすためQ-sai合宿を主催)


  一線で活躍する彼らの音楽人生の中でも取り分け際立ったブランドであることを
 改めて実感しています。
 もちろん私自身もビギナーの頃からずっとお世話になってますし、
 エレキギターで仕事をする現場では必ず足元にGuyatoneがあります。

  ドラムの現場であってもタイコ叩きながらVT(トレモロ)を踏むことだってあります。
 踏むのは申し訳ないけど相当踏んでます。

  とにかく、ここからじわじわと国内外でGuyatoneの帰還を喜ぶ声が広がるの
 でしょうね。
 「日本のエレキ」復活。この日をずっと待ってました。


                  

 AGGI's Guyatone LGX-1

 Many people ask me how I came to play a Guyatone.  

 The story is actually a simple, yet interesting one.

 I had started working with Terry, my manager and song-writing
 partner and as the recording progressed, Terry had been recording the
 guitars, in the main, on his Gibson Melody Maker and Guyatone LGX-1.

  We had discussed how we wanted a raw rock ‘n’ roll sound and not the     typical Gibson or Fender sound, but something that would make
 AGGI unique.

  Rehearsals were only weeks away and the conversation came
 round to what guitar I would play live. I had said that I wanted to
 retain the recorded sounds but wanted a guitar that would also
 become my ‘signature’ in looks, much in the way that Joan Jett’s
 Gibson Melody Maker is instantly recognisable as being hers.

 Terry had brought the Guyatone LGX-I some years before from the
 Irish punk band Stiff Little Fingers.

 I hadn’t laid hands on the guitar before and as we entered the rehearsal
 studio, I have to admit to being a little nervous, it wasn’t mine and
 I didn' t want to damage it in any way.

 As soon as Iplayed the first chord,the LGX-1 felt and sounded like
 the guitar I had always wanted,comfortable and with the sound of a
 lions roar.


     

                    

 Ohji Abe (安部OHJI )

    都立高に入学すると、軽音楽サークルというクラブがあって、中学から
 少しはギターや
エレキベースを弾いていたぼくは入学するとほぼ同時に
 入部した。高校には中学では
考えもしなかった部室ビルというのがあって、
 1Fにスポーツ系、2Fに文化系のクラブの部室があった。軽音楽サークルの
 部室はそのビルの
2Fの一番手前にあって、入るとウッドベースやドラムと
 並んで、
大きな「G」という文字のついたギターアンプがあった。たしか、
 それがグヤトーンとの出会い
だったように思う。

     二学期になると学園祭があって、人前で演奏したくてうずうずしている
 学生同士が集まって、
有志参加でどこかの教室を借りてライブハウスちっくな
 ものをやれないかと相談していたのだが、
部室でお世話になっている2年生の
 先輩に「俺たちと同じ部屋でやったら?いろいろと手伝ってね!」
と誘って
 もらった。もちろんお願いします!ってくらいで、なんでも手伝った。
 ギター・アンプも
ベース・アンプもヴォーカル・アンプも全部浜田山まで
 行って、グヤトーンで借りた、
3段積みの楽器アンプや背の高いスピーカー
 のヴォーカル・アンプを運んだ。

     ベース・アンプはマーシャル3段積みが欲しかったけど、なかなか手が
 出ないので最初が
エーストーン、次にグヤトーンのを使ってた。で、いざ
 死ぬ気でマーシャル
3段積みを男の50回で買ってみたら、しょっちゅう
 ヒューズが飛んでしまうので、常にヒューズの替えを持って歩かなきゃ
 ならなかったり、国産とは違って、使い方が難しかった。それ以来真空管の
 ベーアンは
買わなくなったぐらいに。

    子供ばんどでライブハウスを回り始めた頃は氏木が丈夫な真空管アンプって
 ことで、
FLIP
使っていたけど、ぼくはベースのくせにエフェクターを
 研究するようになって、グヤトーンは
ドライビングボックスというコンプ
 とムービングボックスっていうフランジャーが良かった。
ドライビング
 ボックスは全然コンプって感じじゃなくて、普通は
Dyna Compとかかけると、
 アタックが「ドッカーン」って言わなくなっちゃうんだけど、ドライビング
 ックスは
サステナーみたいな効き方で、レベルをあげるとパワーブースター
 みたいになって、

 めっちゃROCKぽかった。ムービングボックスは品が良くて、自宅で曲作る
 ときにギターや
エレピに使ってた。

   そんなグヤトーンが復活するとなれば、応援しますよ。当然です。

            ありがとう。これからもよろしく。

                  

 Mika Watanabe (渡邉 美佳)    

   作詞家、作曲家、編曲家、ギタリスト、キーボーディスト、アコーディオン
 プレイヤーとして活躍。
種ともこさんや中山美穂さんをサポート。
 作詞家としてミリオンヒットも記憶に新しい方です。

 

 ギターを始めて間のない頃、今のようにネット検索などは未来の出来事
 だった時代、音を聞き、
雑誌を読み、知ることが出来る情報すべてを持って、
 ドキドキしながら、楽器屋さんに出向いた
高校一年だった私。

 あまりにドキドキしてわけがわからなくなり、
 「エフェクターというものを下さい!」
 と、店員さんに叫びました。

   その当時まだ女子のギタリストは珍しかった時代なので、
 「なにがいいのかなぁ?」
 と上から下まで、
セーラー服の私を物珍しそうに眺め、
 店員さんは尋ねました。
私は、本当は、ディストーションかオーバー
 ドライブというものが、最初に買うにはいいのだと雑誌で
読んだままの
 ことを望んでいたのですが、どっちがいいかわからないから、
 エフェクターを!!に、
なってしまったのでしたが。

   口ごもっていると、店員さんが、
 「どんなバンドとかギタリストがすきなのかなぁ?」
 と尋ねました。
私は、躊躇せず
 「プログレです!!」
 と、叫びました。
店員さんは、一瞬、かなり、引きました…。
 (ように見えました)一定の間があり、ごそごそっと、出してきた
 薄い紫色のエフェクター。
 「プログレなら、これだね。」

 それが、guyatoneのアナログディレイだったのです。

 それを言われるまま、買って帰り、(予算をオーバーした記憶)
   アンプに接続!!

    ギターに接続!!

 自分が、キングクリムゾンとか10ccとかピンクフロイドのメンバーに
 なったかのような錯覚を
起こした瞬間でした。その錯覚が、今日まで、
 ミュージシャンを続けていられる根源なように思います。

    ありがとう。guyatone!!(そして奨めてくれた店員さん)
 ミュージシャン志望のすべての人の錯覚とともに、永遠に。
  ねじれたりひずんだりくりかえしたり。


 

 Hayato MitsuHashi  (三橋 隼人)

   新生Guyatone発足という吉報を鳥居さんから頂きました。

 この事は多くのギタリストとって素晴らしい出来事であり、数々の
 Guyatone
名器達が復活される
事を望みます。

   一番タイムリーでお世話になったのはやはりマイクロシリーズ。
 今となってはエフェクターのミニサイズ化がトレンドとなっていますが、
 当時ここまで
小さく「使える」エフェクターは類を見ない存在でした。

    Guyatoneエフェクターは正直癖が強いです。

 試奏ではあまりに押し出しの強いエフェクトに一瞬買うのをひるんで
 しまうことさえあるでしょう。
これを腹をくくって購入しスタジオに
 持って行き爆音のアンサンブルに溶かした瞬間、初めてその真価を
 発揮します。

    音に対して「エフェクトする」という体感が本当に大きいです。
 この体感を再び感じられる事に興奮を隠せませんね!

    一つ指摘をするとすれば、今までのGuyatoneエフェクター使用の
 経験上スイッチの耐久性に
難がありました。 (F-SWに全て変更
 しました!
)製品耐久性の向上も新生Guyatoneにとても期待しております。

              

    9mmサポートでTさんとお会い出来、ご縁がつながった事を心から
 嬉しく思います。

             新生Guyatoneの躍進を心より応援させて頂きます!


                  
 

 Kentarou Uchida (内田ken太郎

  
  80
年台にフレットレスベーシストとしてデビュー Voice、バリエテ、
 関口誠、
ZABADAKKarak、新居昭乃、原マスミバンドなどに参加。
 Liraokarkaなど自身のバンドでも作曲演奏している。 またインド、
 アメリカ、日本人混成バンド、
Handsではアメリカツアーも行い
 シアトルの地元新聞では
高評価を得た。

 

   新生Guyatoneおめでとうございます!

 30年以上私の足元にはGuyatoneのエフェクターがいつもいました。
 20
代の頃、最初に買ったのは10バンドイコライザーPS-111,そして
 最後に買ったのがマイティマイクロシリーズのディレイの
MDm5でした。

   その間、プロシリーズ、マイクロシリーズシリーズなど使いまくって
 おりましたし現在も
13台のGuyatoneを持っております。
 私はコレクターでは無くしかもベース弾きなのでベースで
使える!っと
 いう選りすぐりの
13台です。

 PS-033BB-220年近くエフェクトボードに鎮座しライブ、
 レコーディングなどに踏み倒して
おりました。

     特にPS-033は経年でジャックなど壊れてしまいGuyatone
 東京サウンドさんに修理して
いただき使い続けておりました。
 Guyatoneが閉じてしまってからは、これは大変なことだと慌てて中古の
 PS-033を予備に買ったほどです。復活したあかつきには是非とも
 プロシリーズ、マイクロシリーズの復活をお願いします!

 マイティも良かったけどやっぱりマイクロシリーズが大好きです!


           
   

 Shin Hongo (本郷信)

    Guyatone復活おめでとうございます。

 現在も私は「mighty microシリーズ」を愛用中であり、特に「Sonic Shaper
 SSm5
」はレコーディング

 に於いてもう一つ音を抜けさせたい時ここ一番の武器として活躍しております。

   ライブでの使用は本来の使い方とは違いますがMarshall JCM800一台で
 アンプの歪み/クリーン
クランチの音を作る用に使用しています。

 アンプで歪みを作ったセッティングの状態からSSm5インプット
 アッテネーターでゲインを下げる
やり方です。

 

 普通だと腰とヌケが無くなってしまうのですが、倍音をブーストする
 事でしっかりとしたクリーン
クランチサウンドになります。

 さりげなくも効果の高い、使い手にセンスを求められるエフェクターですね。

 とても気に入っています。

 

   今後作って欲しいと思うエフェクターは10BANDのグラフィック
 イコライザーですね。

 ギターレコーディングで使えたらな便利だなと。

    あ、ただ自分が今欲しいだけですね、すみません。

   

  Timiri toshi      Z旗ベース Timiri toshi

 僕が初めて使ったエレキベースアンプとコンパクトエフェクタータイプの
 コンプレッサーはGuyatoneGA100ZB(だったかな、、?)と
 PS-003でした。

 当時何もわからずコンプレッサーをいじくりまわして悩んだ思い出が
 あります。今思えばあれが
最初のコンプレッション迷宮への入り口
 だったのですね。(笑)

  今現在は自分の手周りの機材には残念ながらGuyatone製品はありませんが、
 これを機に
また使えたらいいなと思いました。

   今ならあのPS-003の正しい使いかたも解るハズ!!たぶん!!

 

 NOBU (高取伸和   Z(zetki)GUITAR

 Guyatoneは、ちょっといじられキャラ的な親しみを感じてました、
 グヤかよ~
あれ…割とイイね的な。なので、イジリがいのある製品を期待し てます。

  親しみは割とある人達が多いと思うので…勿論 決めつける人、
 ギターはアメリカ製、
AMPイギリス製、エフェクターは何故か
 BSSとか(笑)今だと色々なメーカーありますが、で、今は
 そんなの関係ないと思うんですよね。

   グヤはイイぞ~とか誰かが言えば、ほう。使ってみたいとか…割と
 変わり者に愛されるかもですが、もちろん
多くのまだ楽器を触った
 事の
ない子供や大人達にもGuyatoneを受け継いでいって欲しいです。

  Guyatoneのギターね…とてもエモーショナルなイメージで記憶が
 あります…
20年前でも骨董品のイメージ。

 ダサカッコイイ感じでベンチャーズとか同じギターが手に入らない
 けど欲しい人が買ったであろう人からの質流れ品を弾いてみた
 感想があるね。

   モンキーモデルとか言われるけど日本製だから今は価値があり
 ピーキーに歪ませたりすると
独特なサウンドになりグランジロック
 なんかにも使えるかもしれないね。

   AMPは当時もちろん三流なイメージ…ロゴが当時はカッコ悪
 く感じたんだよね、今はかえって
カッコイイかも(笑)
 しかしGuyatoneECHOやアナログディレイとかはスゴく良かった…
 滴る液体な感じ。
自分としてはエフェクターが印象的だった。

   ただ本当にグヤのギターは海外製品を真似て居るようで割と
 純然たるオリジナリティがあり。
当時の僕らには返って新しくも思えた…
 形が昆虫みたい
武具の様なたたずまい…つまり日本的なクオリティ
 だったのかも。甲冑の様なね(笑)

  スイッチ多すぎw とか。独特の進化をしてたのがGuyatone
 なんじゃないかな…って。
もちろん、声の大きな人はメーカー品を
 使いたがるけど…グヤには…媚びる事なくオリジナリティを

 追求して貰いたいです。

   クセのある商品で構わない、儲からないかもしれないけど。
 楽器やエフェクターなんかも出会いや相性があるから、
 滴る様なディレイ…とかは本当にそう
感じました。

   例えばTーカイのギターを僕も持っていた時代もありました、
 なかなか良かったですよ。
Tルボとか欲しかったし…今も会ったら
 弾いてみたい。
ヘッド部分にえぐれのある名前ド忘れしましたが
 ビリー…違うかもですが。

  高校生になって、メタル流行ってるから逆行してストレイキャッツ
 のモデルを
Gレコで出してるのを買ったりと。
 ずっと持っていれば良かったなぁって…。

    再度たちあえげる事には、困難はつきものですが…負けないでください。 Guyatoneを愛してる仲間は絶対に多いと思いますよ!

 
 この度再販おめでとうございます!とても懐かしさと斬新さと…
 これグヤの物か…なんて
楽器屋で物色して手に入れた物も多数
 ありました。ちょっと人と違う個性的でエモーショナルなサウンド
 周りが復活する事は音楽シーンにとって
「お宝」です。

    かえってコレからGuyatoneを手にする人にとってはPOP
 イメージとなるのか…それとも
人とは違う個性を求める先鋭された
 機材となるかは手にした人の創造力を駆り立ててくれるでしょう
 今後のGuyatoneのラインナップに注目してます!


            
 

  Kawase (川瀬 智)    Z(zetki)GUITAR

               

 学生時分は楽器カタログをよく眺めていたが、グヤの『~BOX』と
 銘打ったコンパクトエフェクターは
興味深々だった。

 カラフルな筐体でフェイザーやらタッチワウやら結構各種あった
 ように記憶している。フェイザーはローリーだったかな?

 名前もユニーク

  やがて友人が真空管のアンプを購入したが、エフェクターの歪みしか
 知らない自分には衝撃的だった。
倍音の乗ったハイゲインでザクザク
 した歪みで、今考えてもとても良い音だったと思う。ラッチ式のフット
 スイッチは外部ディレイの
に長らく使っていた。

   クリック感の良いシンプルな製品で当時スタジオミュージシャンの
 定番だったんじゃないかな?

  後にTUBE DISTORTIONを持っていた事もある。プリ管の種類を
 変えてみようと電源切ってすぐに触って激しく感電した記憶が…
 真空管の取り扱いには十分気を付けないと …と学びました。

   Z旗(zetki)GUITAR  原文フォントはHiraKakuProN-W3で頂きました!


               
                 

  Shinichi Uno (宇野振一)

    ギタリスト。多方面でライブ、ツアーのサポート、楽曲、詞の提供なども
 手がけ、プロレスラーの
テーマ集から「おかあさんといっしょ」うたのお姉
 さんコンサートツアーをサポート。
漫画「ストラト!」にギター講師として
 キャラ出演するなどジャンルやフィールドの枠を大きく
超えて活動。そして
 「楽器挫折者救済合宿」におけるアシスタント講師としてのレギュラー参加
 も
重要な任務となり早や15年目。

               

 Guyatone大復活!おめでとうございます!

  僕とGuyatoneとの出会いは、やはり何と言ってもFRIPシリーズのギター
 アンプ!
当時はまだ中学生でお小遣い的に手が出せない憧れのアンプだった
 のですが、知り合いの
お兄ちゃん家に行くとそれがあってよく鳴らさせて
 くれたのです。

 ウォームなドライブサウンドに「これ!これだよ!」と悦に入っていた
 あの時間は
,確実に僕のギター人生を後押ししてくれたものだったと
 思い出します。

   それからMICROシリーズのエフェクター、特にトレモロ(VT2)、
 タッチワウ
(WR2)あたりがお気に入りでよくスタジオやライブに
 連れていったもの。

   そして、そして!麗しのクールブースター(CB3)との出会い!
 ソロではもちろん、クリーンなアルペジオを前に出したいところで
 踏んでみたり、
ココっ!て時に頼れる心強き相棒として長いお付き合いと
 なっています。
青いインジケーターが光る瞬間に気持ちもグワッと燃え
 上がるような心地が現在の自分を
支えながらまた後押ししてくれている
 ように今もリアルに感じています。

   これからまた新たに生み出されるストーリーにワクワクが止まりません。

 アンプ、エフェクターのみならず独特でカッコいいギターも含め素敵な
 新製品を心より楽しみに
しております!


                

 tatsu XXX  

   私は1988年に初めてLAでレコーディングした際に使用したリージャクソン氏
 のカスタマイズした
マーシャルを使用しました。それ以来、歪みに関しての
 概念が変わり、様々な歪み系(アンプヘッド、チューブプリアンプ、
 パワーアンプ、バッファー、アタッチメントなど)を試しましたが、
 長年…
100%気持ちの良い歪みを作り出すことができませんでした。

   しかしながら、2011年に開発者の鳥居氏との出会いによって、その
 問題は解決致しました。
自分の音の核となっていた”Guyatone”の復活は
 とても心強い限りです。

    鳥居さんの作ったものは素晴らしいので...

  mighty microディレイは一つ中古を見付けたので、2つ使ってます!

  また、Sonic Shaperはアコに良い感じです。

 ブースターはマーシャルに欠かせません!

    引き続き宜しくお願い申し上げます!       From.Tatsu

 

 Zin  ( 犬神サアカス團 )

 高校生の時に初めて買ったエフェクターはグヤトーン製のものでした。
 そして未だに使わせていただいており、このたびの再起動は誠に
 嬉しい限りです。

    今後ともよろしくお願いいたします!

                 
 

 George 2nd. ( 犬神サアカス團 )

    お世話になっていた、信頼する技術者の鳥居氏が携わるように
 なってから僕と
Guyatone付き合いが始まりました。鳥居氏が手がける
 エフェクターは、痒いところに手が届いて掻きすぎて血が出てしまう
 ような、汎用性をほんのり無視した尖った部分があって、でもそれは
 すごく理にかなった尖り方で、
僕のサウンドには欠かせないものに
 なってます。

  Guyatoneがもともと持っていた歴史と革新性、そこに鳥居氏の斬新
 かつ実に的を射たアイデアと
技術が合わさった製品は、手にする度、
 音を出す度に「欲しかったのはコレだ」と思わせてくれてワクワク
 するんです。

  またあのマイルドな異端児たちが生まれてくると思うと楽しみで
 仕方ありませんね。


                 
                     

 March

  minimal HuggScars Boroughで知られるベーシスト。また、
 AkiraWilson
はじめ多くのロックバンドで名演を奏でる。
 最高にクールでセクシーな女性ベーシスト!

 

  新作Guyatone

  これからさらなる羽ばたきに眩い未来を!!!

 ベース用エフェクター、心待ちにしております。

 

                 

 Jake Cloudchair (ジェイク・クラウドチェア)  

   臨機応変のスタイルと技術を持ち、トーンを探究するギタリスト。1996
 Guniw Tools
のメンバーとしてプロデビュー。2003年ソロプロジェクト
 
cloudchairを始動。2015年櫻井敦司 (BUCK-TICK) と共にTHE MORTAL
 結成。
ギタリスト・作曲家として様々なアーティストのライブや
 レコーディングに参加。
音楽のみならず映像制作・ウェブデザイン・
 執筆等も手がけるクリエイターとして活動中。
特に楽器デモ演奏動画は
 国際的に高い評価を受けている。

 

   日本が誇るブランド「グヤトーン」復活おめでとうございます。
 数々の名機を生み出してきた
グヤトーンの次なる展開を楽しみにしております。
 私は現在DeMont Guitars製ハムバッカーをレスポール・タイプのギターに
 マウントして
愛用しています。癖のない素直なトーン、程良いコンプ感が
 気に入っています。